Project Description

毛髪内部には2つのコルテックスがあります。その二つは「オルトコルテックス」と 「パラコルテックス」分かれています。親水性の組織をオルト、油性の組織をパラとして分類されています。通常のパーマ液は、そのほとんどが親水性を基本として作られてオルト側をメインに使用されています。アルカリ剤は親水性で浸透力が強く、パラ側に進入するとコルテックスにダメージを与えてしまい、その結果、 疎水結合の分離やペプチド結合の崩壊を招いてしまいます。

オーラスはカールからトリートメントまでをサポートできます。パラコルテックスの専用トリートメントとして乾燥や柔軟性を失ったパラ側に架橋補修を施し弱い酸性カール剤として使用したり、パラコルテックスの油分補給にも働きかけます。ドイツの誇る 最高級グレードのGMTを 多機能型のトリートメントまたはカール剤として造り上げ技術者の数々の要望に対応できる商品となっております。